不妊に効くサプリ!ミトコンドリア・葉酸・マカどれが良い?

不妊に効くサプリ!

晩婚化や生活環境により不妊に悩むカップルは増えています。もはや女性だけが取り組むだけでは解決しません。カップルで対策することが大切!

 

不妊に悩む人は、カラダに必要な栄養や機能、ホルモンバランスに問題をかかえています。その助けとなるのが、ミトコンドリア・葉酸・マカなどです。

 

卵子の質向上に注目されるミトコンドリア、ホルモンバランスを整え子宮内膜に良いマカ、細胞分裂やDNA複製を正常化や先天的リスクを減らす葉酸などの作用をもたらします。当サイトはそんな有用な素材・成分を配合した不妊サプリをランキングにまとめました。どうぞ参考にしてください。

 

ミトコア300mgの特徴

ミトコア300mgは、ミトコンドリアを強く元気にする、不妊に効くサプリです。ミトコンドリアを強く元気に若返らせる酸化還元力をもつ、イースタティックミネラル配合。山芋抽出のジオスゲニン配糖体が、本来の体の巡りをサポートします。イソフラボンでホルモンバランス調整。1日めやす3粒。カップルで摂る方が購入者の約7割、3ヶ月以上続けて結果を得る傾向あり。カラダ本来の機能をUP、抗老化力から考える、不妊に効くサプリです。

価格 15,300円
評価 評価5
備考 イソフラボンがホルモンバランス調整

 

ハグクミの恵みの特徴

ハグクミの恵みは、Wのマカがたっぷり摂れる、不妊に効くサプリです。バランスの乱れに効果あるマカは、アミノ酸やネラルを豊富に含む素材。農薬不使用の日本産とアンデス産有機マカをWで、1日めやす4粒に800r以上配合しています。これは業界トップクラス。さらに、巡りサポートにザクロをプラス。日本人のカラダを考えたサプリに仕上がっています。10日間安心返金保証あり。カップルで飲んで欲しいサプリです。

価格 2,980円
評価 評価4
備考 Wのマカ

 

はぐくみ葉酸の特徴

はぐくみ葉酸は、自然由来の葉酸が摂れる不妊に効くサプリです。自然由来の葉酸を、1日めやす3粒に400μg配合。厚生労働省が推奨する1日あたりの摂取量を満たしています。アセロラ、サンゴカルシウムなどで、葉酸以外の大切なビタミンやミネラルを補えます。合成添加物なし、匂いや形も工夫して飲みやすい。10日間安心返金保証あり。妊婦になっても続けて飲める、自然由来のサプリです。

価格 1,980円
評価 評価3
備考 自然由来の葉酸

 

不妊の原因と治療法はどんなもの?

 

普段から健康的な生活を営んでいるカップルほど、「いつでも子どもはできるだろう」と考えがちです。しかしながら、不妊は健康状態と無関係と言ってもよく、様々な原因によって起こるやっかいな事態であることを忘れてはなりません。

 

どういったことが不妊の原因になるのかというと、実に様々です。思春期から生殖年齢にある男女の生活環境、晩婚・晩産に伴う加齢、不健康な性行為による性感染症、喫煙や過度なダイエットによる月経不順、卵巣機能不全、肥満、潜在性糖尿病などの生活習慣病や子宮内膜症、子宮筋腫など、女性だけに限らず男女のそれまでの生活環境のすべてが不妊の原因になりえるのです。

 

不妊予備群といわれる人々は、不妊で現在悩んでいるカップルの何倍も増えているといわれていて、今後この不妊に悩む男女はより増加することが推定されています。

 

たとえ不妊治療の技術が進んでも、こうした理由から不妊は決してなくならず、むしろ増えていきながらニーズの増えた治療技術と追いかけっこをするようになるでしょう。

 

今までこの不妊治療の中でも有効と考えられていた生殖補助医療(ART)の治療成績が頭打ちになってきているそうです。

 

これは、多胎防止のための単一胚移植が原則となったことや、さらにARTを受ける女性の年齢が比較的高齢化してきているために難しくなったと言われています。

 

卵巣予備能は、20歳代後半より徐々に低下し始め、37-38歳以降に急激な低下を見せるようになります。ところが、現在、ARTを受けている女性の平均年齢は37-38歳台であり、まさに卵巣予備能が急激に低下する年代で、この時期になるとARTを行ってもあまり改善しないと考えられているのです。

 

このような卵巣予備能の低下は卵子の数と質の低下に起因すると考えられているため、採卵率・受精率・妊娠率にも影響があります。また、妊娠したとしても、それで終わりではなく流産率や染色体異常率の増加の原因にもなっているので安心できません。このため、L-カルニチンやDHEAなどの投与が試みられますが、40歳代になるとなかなか卵巣予備能は改善しないのです。

 

女性の社会進出に伴って、晩婚・晩産化は避けて通れない状況で、これは日本だけでなく国際的な課題となってきています。

 

このため、近年は妊孕能保存という考えが提唱されてきています。妊孕能保存は、もともと若年性がんなどに対して導入されてきたもので、卵子凍結や卵巣凍結などが行なわれますが、加齢不妊の予防に対しても用いるべき有用な手段として、30歳代前半までに既婚者は夫婦の胚凍結保存、未婚者は自己の卵子凍結保存をすることで、妊孕性を長期に維持することが可能です。

 

ワークライフ・バランスを考えたり、女性のライフスタイルを考える上で、こうした妊娠・出産は非常に大事な問題ですから、上記のような不妊予防法も選択肢としてもっておくべき時代になってきたのかもしれませんね。

 

不妊治療にかかる費用は膨大か?

 

不妊治療を行う時に、どうしても費用の問題が気にかかります。経験も知識もなければ、いったいどれくらいのお金が必要なのか、相場観のある人はほとんどいないのではないでしょうか。

 

一般的に、不妊治療の場合は初期の一般不妊治療では保険診療の範囲内となっています。ですから、この範囲なら3割負担で済むわけですね。ですから、一回の治療費は数千円程度のことが多いです。タイミング療法やHMG-HCG(FSC-HCG)療法までは保険を適用することが可能です。

 

上記の治療法を簡単に説明しますと、

 

HMG-HCG療法というのは、卵胞期(排卵前)にHMG(卵胞刺激ホルモン)注射することで卵胞を育て、卵胞が大きくなったらHCG(排卵刺激ホルモン)注射を行い、卵を排卵させる治療法のことを言います。

 

タイミング療法というのは、排卵周期を基礎体温表で測りつつ、排卵の時期を予測し、その時に性行為を持つように勧めて妊娠に至らせるという治療法を言います。

 

簡単に言うと、注射や検査からのアドバイスということになります。

 

ですが、ここから進んで高度生殖医療(人工授精や体外受精)を受けるようなこになれば、保険は適用外となって自由診療になります。この場合、各医療機関によってその費用は大きく変わってきますが、人工授精で1〜3万円程度、体外受精の場合は20万円〜60万円ぐらいになります。

 

この個別の費用は医療機関の立地や設備、関わるスタッフの数などによりどうしても価格が変わってきてしまいます。そういった理由から、東京や大阪などの大都市圏では高く、地方のクリニックだと若干安くなる傾向が見られます。

 

こうした高額になりがちな不妊治療に対し、国は高度生殖医療の不妊治療を行っている人に向けて助成金を交付するようにしており、都道府県や市町村単位でこれをさらにサポートする動きも出始めています。詳細は各自治体のサイトや窓口で情報収集ができるかと思いますので、考えている人は事前に確認しておくと良いでしょう。この助成金には年収730万円以下などの制限があるので、注意が必要です。助成金は一回10万円、1年に2回までといった形で有限ではありますが、助成してくれることが非常にありがたいですよね。それだけ、不妊による出生率の低下は国家の一大事と考えられているのでしょう。

 

不妊治療に頼らず不妊を改善する方法

 

不妊に関して特定の原因が発見できないにも関わらず赤ちゃんが授からない場合、不妊体質と呼ばれる健康状態が万全でないために子宮や卵巣などの妊娠機能が十分に働かない状態に陥っている可能性が考えられます。

 

不妊体質は毎日の生活習慣により作られるので、その改善は生活習慣の見直しから健康状態を取り戻すことで行われます。自身に不妊体質の不安がある方は、まずは日常の生活から見直しをはかるのが良いでしょう。

 

この項では、妊娠しやすい体質へ改善するための生活習慣について紹介していきます。全部でなくてもいいので、まずは可能なところから手をつけていきましょう。

 

まず、健康的な食生活を送るというのが基本です。というのは、毎日の食事から栄養を摂ることで体が作られるからです。時間が不規則な食生活、暴飲暴食が多いといった乱れた食習慣が、体に送られる栄養を非効率にし、栄養の過不足を生じさせ、肥満や痩せといった不妊体質へと繋がっていきます。ですから、できるだけ健康的な食生活を心がけましょう。

 

そして、適度な運動を毎日おこなうことが大切です。ホルモンバランスを乱すもとである肥満の解消に運動がとても効果があります。血行を促進する作用が運動にはありますので、子宮や卵巣に栄養をしっかりと届ける働きを活発にしてくれます。こうした効果が見られますので、運動をできるだけ継続的に毎日、少しずつでも行っていく習慣作りが大事です。

 

また、ストレスの発散も大切なことです。ホルモン分泌を司る脳の下垂体と呼ばれる箇所では、ストレスなどの心理的な負担による影響を受けやすい性質があり、ホルモンバランスの乱れや排卵障害、着床障害をストレスから招く場合があります。これは日頃からストレスを上手に発散することで、ストレスの影響を受けにくい体質へ作っていくことが可能です。

 

また、冷えは血管を収縮させ血行不良を起こすことで万病の元と言われています。冷えは栄養の巡りやホルモンの分泌を悪化させる原因にもやはりなっています。他にも、免疫を下げ病気にかかりやすくなったりと妊娠を考える人にとっては悩みのタネです。できるだけ頻繁に冷えを取り、できるだけ体を温めながらより妊娠しやすい体につくっていきましょう。

 

もしもあなたがタバコを吸っていたら、禁煙することをオススメします。タバコには4000種類を超える化学物質が含まれ、卵子や精子を傷つける活性酸素の生成や、血管障害や体内の栄養素の破壊などから卵巣や子宮の機能低下を引き起こす原因となります。本数を減らすという程度ではなく、妊娠時のことまで考えるならはっきり禁煙するのが一番です。

 

また、飲酒についても適量量を守らなければ害になります。アルコールの過剰摂取は子宮内膜の状態を不安定にさせ、着床障害や流産のリスクを高める危険性が言われています。ですから、お酒を飲む場合は適量を守るよう心がけましょう。体内のホルモン量を調整しているのは肝臓ですが、この肝臓を傷める原因にもなりますので、休肝日をぜひ作ってあげるようにしましょう。

 

ちなみに、一日のアルコール摂取量の目安としては、日本酒なら一合、ビールなら大瓶1本、ウィスキーでは1杯、焼酎は120cc、ワインはグラス1杯程度です。

 

そして、睡眠をしっかりとることは重要です。現代人はこの睡眠時間がどんどん短くなってきているそうです。しかし睡眠が不足すると自律神経が乱れ、その影響からホルモン分泌も乱れるようになっていきます。個人差はありますが、理想は一日7時間の睡眠時間を確保することですが、目覚めの良い睡眠時間であることが最も重要です。

 

冷え性は不妊の大敵!

 

子宮や卵巣の冷えによって引き起こされる、悩みは以下のようなものがあります。

 

●生理痛・生理不順
●排卵障害
●子宮筋腫
●子宮内膜症
●卵巣嚢腫

 

冷えを改善することができれば、これらの問題を解決することができるだけではなく、不妊で悩んでいる方々にも改善効果が見られると言われています。

 

ですから、冷え対策としていろんな商品があるのを見たことがあるという人も多いのではないでしょうか。たとえば、腹巻に毛糸のパンツ、5本指ソックスなど、いろんな種類のものがあり、最近はとってもオシャレな「冷え対策グッズ」も多く見かけるようになりました。

 

とはいっても、出来ることなら、アイテムに頼らず、根本から体質を改善することで、妊娠しやすい、冷え知らずのカラダに作っていきたいものですよね。

 

実は、日本人女性に冷え性が多いというのは、事実なんだそうです。もちろん個人差はあるものの、実に女性の半数以上の方が"冷えをつらいと感じている"というデータがあるそうです。ですから、冷え対策についての特集などを雑誌でよく見かけますが、情報はいつも新しく、より高品質なものが求められているそうです。

 

現代社会では不規則な生活や食習慣、ストレスなどで、冷え性を起こしやすい環境が整ってしまっていて、場合によっては本人は冷え性だと自覚していなかったとしても低体温症になっていることもあるそうです。

 

冷えがひどいと、それだけでも辛いと感じてしまいまうが、それは感覚の問題ではなく、実際、血流(血液循環)が悪くなれば、カラダの機能自体が低下し、代謝の低下や自律神経の乱れが起こって、女性ホルモンのバランスが崩れますから、それによって心身にいろんな負担を感じるようになります。

 

妊活中の方や不妊の方にとって特に深刻だと思われるのは、下半身にある子宮や卵巣は、冷えの影響を受けやすく、そのため様々な不妊要因を引き寄せてしまうということです。しかし、これを逆に考えれば冷え性さえ克服することが可能ならば、妊娠力は確実にアップするはずですから、いつも運動したり食習慣を改善したりしながら、しっかりとしたカラダを作っていきたいものですね。是非、にっくき冷え性をやっつけていきましょう。

更新履歴